MBAとビジネス書籍を図解でお届け

ビジネスノウハウと背中を後押しするメッセージ

【MBA】ピンチをチャンスに!

f:id:craid_k:20200711155848j:image

今回はTV東京「カンブリア宮殿」からの紹介。

大ピンチに生き残る経営アマゾンダイソン

 

<あらすじ>

=====

アマゾン創業者ジェフ・ベゾスと掃除機革命を起こしたジェームズ・ダイソン。慢性的な赤字や大失敗をどう乗り越えたのか。

=====

 

<ここから学べるMBAの原則>

  • リーダーシップ(妥協しない姿勢)

 

<結論>

ピンチの中でも妥協しない姿勢

がチャンスを生み出す。

 

事例①徹底した顧客主義

さぞ豪華な本社かと思えば…

  • 使われる机もドアも再利用品
  • 照明は工事現場のライト😳

 

ベゾスは言う。

「客が喜ぶことにしか

お金は使わない」

 

顧客へのサービス向上になるもには

惜しまず投資して、急拡大!でも…

創業から連続8年赤字😱

でもベゾスは全く気にしない。

なぜか?

  • 10年、20年先を見据えていたから。
  • 顧客満足度が増えている
  • リピーターも増えている

 

顧客のニーズに応えてるから自信が持てた。

そして9年目…ついに黒字🎉

いまでは年商30兆円👏

 

ベゾスは言う。

「挑戦して、失敗しても

後悔しない。後悔すること

とは何もやらないこと。

 

事例②怒りと執念の開発

<怒り>

「紙パック式掃除機の吸引力が弱い」ことに

怒り😤を覚えたダイソン。自宅で研究開始!

 

<製品化への執念>

5年間で5000以上の試作品をつくり

執念でサイクロン式を生み出した。

しかし製品化する資金がない💸

20社以上に話を持ちかけたけど全て断られる。

逆に訴えられることも😱

開発から15年…自分の会社を設立して、

ようやく製品化🎉

 

<デザインへの執念>

素晴らしい機能=優れたデザインと信じ、

「ただ一つ」が生まれるまでずっとやり直し😳

こうして生まれたのが…

吸引力が変わらないただ一つの掃除機

 

当初は誰も相手しなかったサイクロン掃除機。いまは世界中の人に愛用されている。そして

年商6000億円👏に迫っている。

 

ダイソンは言う。

「世界を変えたいなら
アドバイスを聞くな!
いままでにないことをするんだから
誰もアドバイスできない。」

 

<まとめ>

ピンチの中でも妥協しない姿勢

が大成功へと導く。

 

次は複雑化する世界での戦い方について。

次回、「TEAM OF TEAMS」につづく。